教育ローンは国と民間で違うのかどうか

学校の教育だけでは人生は成功しない 教育ローンと一言で言っても、提供しているのが国の機関なのか民間企業なのかで少し違いが出てきます。それらを知った上で、どこの教育ローンを申し込むのか検討してみてください。違いはまず、金利です。国で提供しているもの方が低金利です。基本的に銀行や信用金庫だとしても国よりも金利を低く設定していることはありません。次に、国で提供しているもの場合は、連帯保証人が必ず必要という部分があります。これは、税金で貸付を行っているため、リスクを回避するために連帯保証人が絶対に必要になります。

しかし、その点民間企業であれば、そこまで厳しくないため連帯保証人が不要ということも多いです。そのため、連帯保証人を用意できない人は民間企業で提供している教育ローンを利用する方が良いと考えられます。また、国と民間では融資の上限金額が違うということも大きなポイントです。国であれば最大でも300万円程度ですが、民間企業ではそれぞれの金融機関によって違いがあります。そして、国よりも上限金額が高かったとしても審査が比較的通り易いというメリットもあるので、よく考えて決めてください。

Copyright (C)2021学校の教育だけでは人生は成功しない.All rights reserved.